高品質な動画変換DVD リッピングiOS 転送ブルーレイリッピングPDF 変換などのソフトを提供することに専念しています。

簡単にMKVをDVDに焼く・変換する方法

.mkvはオープンソースの動画ファイル圧縮形式「Matroska Video」で保存されたファイルに付く拡張子のことです。一つのファイルに複数の動画ストリーム、オーディオトラック、写真や字幕トラックを収容できます。そのよく見ているMKV動画をDVDディスクに焼いて、長い間保存して、いつでもDVDプレーヤーで視聴したくないですか。聞いたら難しいようなことですが、一つのソフトを使えば簡単に実現できます。

4Videosoft DVD 作成というソフトがあって、このソフトで数ステップでMKVをDVDに焼くことができます。下記のは詳しい手順に従って、MKVからDVDに変換する方法を学びましょう。

ステップ 1: プログラムをインストールします。

公式サイトからMKVをDVDに焼くソフト「4Videosoft DVD 作成」をダウンロードしてください。メインインタフェースの左上にある「ファイルを追加する」をクリックしてMKVファイルをローカルから選択できます。

DVD作成

ステップ 2: メニューを編集します。

プレビューウィンドウの上部にある「メニュー」を選択し、メニュー編集ウィンドウが出てきます。

メニュー

そこで、DVDメニュー、フレーム、ボタン、テキストを設定できます。それだけでなく、DVDを背景音楽、背景画像とオープンニンぐフィルムも設定できます。

メニューを編集

ヒント:

このDVD作成ソフトには動画効果を編集する機能があります。動画の輝度、飽和度、音量、コントラスト、色相などを設定できます。

効果

DVDに字幕とオーディオトラックを追加することも可能です。

字幕

字幕:

オーディオトラック

ステップ 3: DVDを焼き始めます。

ファイルについての設定が終わりましたら、ソフトメインインタフェースで保存先を選択して、焼くボタンをクリックしましたら、DVDを焼き始めます。

profile

これで、このMKV DVD 書き込みで、DVDを焼きし完了しましたら、いつでもMKV動画を楽しめます。

PDF 変換 究極