iCloudのストレージが不足になった時の解放法

iCloud を使っていると、5 GB 分のストレージを無料でご利用いただけるようになります。このストレージ容量を利用して、iPhoneやiPadなどのデバイスをバックアップし、様々なデータを保管することができます。でも、デバイスのデータがどんどん多くなり、5 GB 無料分のストレージの容量をすぐ使い切ってしまいました。その時、どうすればいいのでしょうか。どうやってiCloudストレージの容量を増やせますか。ここでは、iCloudのストレージが不足になった時、容量を解放する方法をご紹介します。

iCloud ストレージ 不足

iCloud ストレージの容量を買い足す

iCloudストレージを使い切ってしまった場合は、130 円/月で 50 GB から容量を買い足すことができます。

1.デバイスで「設定」->「ユーザ名」->「iCloud」->「容量」の「ストレージを管理」または「iCloud」を選択します。iOS 10.2 以前をお使いの場合は、「設定」->「iCloud」->「容量」の順に選択します。

2.「さらに容量を購入」をタップし、プランを選択して「購入する」をタップすれば、画面上の案内にそって進んでい下さい。

iCloud のバックアップを復元してから削除

iCloudの容量を買い足すのはお金かかりますので、お金に拘ったら、ここで紹介する方法をご参考。すなわち、4Videosoft iOS データ復元というiCloudバックアップをダウンロードできるソフトです。このソフトにより、iCloudバックアップデータをパソコンにダウンロードしてから、バックアップや写真、ビデオなどのデータをすべて削除すれば結構です。次はiCloudバックアップデータをダウンロードする方法のご説明。その前に4Videosoft iOS データ復元をダウンロードしてインストールしてください。

1.iPhoneデータ復元ソフトを起動して、「iCloudバックアップファイルから復元」というモードを選択します。

iPhoneデータ復元ソフトを起動

2.そして、Apple IDとパスコードでiCloudアカウントにログインします。すると、すべてのバックアップファイルが表示されます。その中からダウンロードしたいバックアップファイルを選択して、案内に沿って、「次へ」ボタンをタップし、ダウンロードしたいiCloudバックアップファイルをダウンロードできます。ダウンロードが終わったら、自動的にスキャンされます。

バックアップファイルを選択

3.スキャン完了後、左側のカテゴリにiPhone、iPad、iPadのデータが表示されています。その中から、ダウンロードしたいiPhoneデータを選択して、右下の「復元」ボタンをクリックすれば、iCloudから保管したいデータがパソコンに復元できます。

パソコンに復元

iCloudバックアップファイルをダウンロードしてから、iOSデバイスで削除すれば、iCloudのストレージ・容量不足問題を解消することができます。今すぐ4Videosoft iOS データ復元ソフトをダウンロードして、iCloudストレージの容量を増やせましょう。


Dec 29, 2017 09:41Follow @矢沢 由紀子
お見逃しなく

推薦文章

iCloudバックアップからデータ復元か終わらない

iCloudバックアップからデータ復元か終わらない
iCloudバックアップファイルからデータを復元できないならどうしますか。この文章では、iCloud復元が終わらない問題と対処方法を載せています。

iCloud 動画 保存

iCloudから動画を保存する方法
iCloudに共有した動画を保存・ダウンロードするにはどうすればいいでしょうか。このページでは対処法を探してください。

iCloud ログイン

iPhone/PCからiCloudにログイン
このページではiPhone/PCからiCloudにログインする方法を紹介しますので、ご参考になるように。

iTunes 音楽 同期

iTunes 音楽を同期する方法
どのようにしてiTunesから音楽をiPhoneに同期するかと悩んでいますか?それなら、このページの内容が役立つでしょう。