簡単にiPadをバックアップする方法について

iPad iCloudでのバックアップ方法

iPad を使っています。iCloudでデータをバックアップする方法を教えてください。

iPadの故障や不具合によるデータ紛失を防ぐよう、普段iPadのバックアップを取ったほうがお薦めです。上記のように、iCloudでiPadをバックアップすることに困っている方もいます。このページでは、iTunesやiCloudを含めて、簡単にiPadをバックアップできる方法をまとめて紹介します。

iPad バックアップ

iTunesでiPadをバックアップ

まずiPadをパソコンに接続して、iTunesを起動してください。iTunesの左上にiPadのマークが表示されたら、それを選択してください。概要の右側でバックアップの処で、「今すぐバックアップ」を選択してください。iPadのバックアップが終った後、「編集」→「設定」→「デバイス」でバックアップを確認できます。

iTunesでiPad バックアップ

注:パソコンにiPadを接続する前に、「デバイス環境設定」で「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」を有効にしてください。

iCloudでiPadをバックアップ

iCloudでiPadをバックアップする際、WiFiネットワークに接続してください。「設定」→Apple IDの処をタップして、「iCloud」を選択してください。その一番下にある「iCloud バックアップ」をオンにしてください。そして「今すぐバックアップを作成」をタップすれば、iCloudでiPadのバックアップが始まります。

iTunesでiPad バックアップ

iOS 転送ソフトでiPadをPCにバックアップ

iTunesやiCloudでiPadをバックアップするほか、iPad用の転送ソフトを使えば、iPad内のデータをパソコンにできます。ここで皆さんに推薦したいのは4Videosoft社のiOS 転送がiPadとパソコンの間で写真、音楽、動画、連絡先、メール、ブックスなどのデータを自由に相互転送でき、使い方も簡単です。まさに、iPadをバックアップするのに便利なソフトと言えます。今後、バックアップファイルの活用も簡単に実現できます。早速このiOS用のデータ転送ソフトでiPadをバックアップしてみましょう。

1.iPadをパソコンに接続

まずこのiOS 転送・バックアップソフトを実行してください。そしてUSBケーブルでiPadをパソコンに接続します。

iPadをパソコンに接続

2.バックアップしたいデータを選択

iPad内のデータは左側でカテゴリ毎に分類されます。バックアップしたいデータの種類とデータを選択して、上部の「エクスポート」→「PCへエクスポート」順にデータをパソコンにバックアップできます。

データを選択

注:パソコンからiPadのデータをiPadに復元する際に、「追加」ボタンをご利用ください。

以上3つの方法で簡単にiPadをバックアップできます。各方法にはそれなりのメリットとデメリットがあります。自分の必要に応じて選択してください。iPad上のデータを失った際、とっておいたバックアップファイルを利用すれば、簡単にiOS データ復元できるでしょう。


Aug 11, 2017 04:12Follow @矢沢 由紀子
お見逃しなく

推薦文章

iPad 同期できない

iPad 同期できない原因と対策案
iPad 同期できないというような問題に悩んでいるなら、是非この文章までご参考ください。

iPhone バックアップ 確認

iPhoneのバックアップデータを確認
iPhone バックアップ後、完全バックアップできたどうかを確認するための方法を一緒に見てみましょう。

ブルーレイをiPhoneに取り込んで、変換

ブルーレイをiPhoneに変換
iPhoneでブルーレイ映画を再生すると、ブルーレイ iPhone 変換利用してブルーレイをiPhoneに変換する方法をご参考。

ブルーレイ映画をMP4に

ブルーレイ映画をMP4に変換
ブルーレイの映画をMP4に変換すると、強力なブルーレイ MP4 変換 ソフトでBDをMP4に変換する方法がお役に立つと思う。