YouTube 4Kの再生方法、見れない時の対策

「YouTubeで4K動画を再生しようとすると再生できません。所有のノートパソコンのスペック不足だと思います。

再生するにはどのようなスペックが必要でしょうか?」

映像画質への要求がどんどん厳しくなった今、超高画質の持つ4K動画がYouTubeで結構人気を集めています。そもそも4K動画は一体何ですか?パソコンやテレビでYouTubeの4K動画を再生するにはどうすればいいでしょうか?そして、上記問題のように、YouTube 4K動画が見れない時の対策がなんですかといった疑問を抱く人がいると思います。このページではそれらの問題を巡って本文を展開しますので、お気になる問題がございましたら、是非本文まで。

YouTube 4K再生

4Kとは

4Kと言えば、横 3840×縦 2160画素で画面を構成する超高精細度テレビジョンということがまず浮かぶだろう。現在YouTubeで見られるフルハイビジョン動画は1920×1080(1080p)の解像度がありますが、4K動画がフルハイビジョン動画の4倍に当たる画質を持ち、より良く超高画質を体感できます。でも、スマホやノートパソコンなどのような小さいスクリーンで4K動画を見ても、HD動画との違いが感じることができないです。インチの大きいテレビなどで4K動画の楽しみを体感できるわけです。

YouTube 4K動画を再生する方法

4K動画の綺麗さをしっかり実感するには、4K対応のモニターがお必要です。でも、4K非対応のモニターでもその綺麗さを目にすることができます。

パソコンでYouTube 4K動画を見る

ブラウザで「youtube.com」を入力して、「4K」を検索してみてください。お好きな4K動画を再生する際、動画再生画面の右下にある「歯車マーク」をクリックして、画質の処では「2160p」に設定してください。

動画を4Kに設定

テレビで4K動画を再生する

4KテレビでYouTube 4Kを視聴するには、4Kテレビ自体がYouTubeが採用しているVP9コーデックに対応する必要があります。

HDMIケーブルでPCとテレビを繋ぐのが最も一般的な方法です。4Kモニターの場合、HDMIやDisplay Portでパソコンの4K動画をテレビに映せます。

YouTube 4Kが再生できない時の対策

YouTubeで4K動画がみれないのは普通動画がカクついたり、再生が中止したりすることです。それは4K動画のデータサイズや解像度が高いため、通信速度やパソコンのスペックなどへの要求が結構高いです。

通信速度が速くないと、動画のキャッシュに時間がかかって、再生が中止になったりすることがよくあります。また、PCのスペックが低い場合、パソコンのCPUが100%になって性能が悪くなる一方です。

通信速度の問題なら、動画の読み込みが完了するまで待つほうがオススメです。また、YouTube 4Kをローカルに保存すれば、PCのスペックが低くても、YouTube 4K動画を流暢に再生できます。 オススメの4Videosoft ビデオダウンローダーは強力な動画ダウンロードとして、YouTubeのオンライン動画をダウンロードするほか、Yahoo動画の保存も可能です。


Follow @谷 美咲
お見逃しなく

推薦文章

MTSをAVIに変換

MTSをAVIに無劣化変換
どのようにMTSからAVIに変換しますか。このガイドにより、MTS/M2TSをAVIに変換する方法をご紹介。

DVD動画をMP4に変換

DVD動画をMP4に変換
最強なDVD MP4 変換ソフトで高画質かつ高速にDVD動画をiPhoneなどのiOSデバイスの対応できるMP4形式に変換する方法。

ブルーレイをiPhoneに取り込んで、変換

ブルーレイをiPhoneに変換
iPhoneでブルーレイ映画を再生すると、ブルーレイ iPhone 変換利用してブルーレイをiPhoneに変換する方法をご参考。

MP4をDVDに焼く

MP4をDVDに焼く方法
MacでMP4形式のムービーをDVDに焼いて、家庭用DVDプレイヤーで見たいなら、MacでMP4をDVDに焼く方法をご参考ください。