iPhone メールを保存する方法

ガラケーの時代、携帯の保存容量が少なかったため、時々不要なメールを削除しなければなりません。そのため、ガラケーには重要なメールを保存する機能がついています。でも、iPhoneを始め大きな容量の持つデバイスがだんだん普及され、iPhoneの標準メールアプリにはメールを保存・保護する機能がついていません。

特にドコモ、Softbank、auなど日本の携帯キャリアと契約する際、それぞれ独自のメールアカウントを提供されますが、永久使用ではなく、そのキャリアと契約している間しか利用できません。そのため、ほかのキャリアに乗り換える際、それまでに受信した大切なメールを保存しなければなりません。そこで、このページでは、iPhoneの大切なメールを保存する方法を紹介します。

iPhone メールを保存する方法

メールサビースの推薦

ドコモ、Softbank、auといった携帯電話キャリアが提供されたメールサビースでなく、GmailやHotmail(ホットメール)、iCloudメール、Outlook.comメールなどが大容量のメールサビースを提供され、また、携帯電話キャリアと関係なく、どの携帯でも利用できます。特にキャンリアと契約するといった際に、メールはすべてサービス上に保存されているので、メールの保存は問題ではありません。

iCloudでiPhone メールを保存する方法

普段iCloudで音楽や写真などのデータをバックアップする以外、iPhone メールの情報も簡単にバックアップできます。iCloudでメールを保存する際、WiFi環境でなければなりません。パソコンは使わなく、操作手順も簡単で、初心者に最適な方法と言えましょう!

操作手順:iPhoneホーム画面で「設定」→「iCloud」→「メール」をオンにして、その下にある「バックアップ」を有効にしてください。メールのバックアップには時間がかかります。iCloudの無料容量は5Gですので、5GBの容量以内にメールを整えてください。

iCloudでiPhoneメールをバックアップ

iTunesでiPhone メールを保存する方法

iTunesはiCloudと同じiPhoneのデータをパソコンへのバックアップできます。iCloudと違ってメールの容量をそんなに気にしなくてもいいです。でも、iTunesでメールをバックアップする前に、iPhoneとの自動同期設定をオフにしてください。iTunesを起動して、操作バーで「編集」→「設定」の「デバイス」で「iPod、iPhone、及びiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れてください。

自動同期設定をオフにする

iTunesでiPhone メールを保存する手順:自動同期をオフにした後、iPhoneをパソコンに接続します。iTunesでiPhone アイコンクリックし、「今すぐバックアップ」をクリックしてiPhoneのデータをパソコンへ保存できます。

iTunesでiPhoneをバックアップ

以上の方法で保存されたメールはiTunesやiCloudでは見ることができません。もし、これらのメールを新しいiPhoneで閲覧したいなら、iTunesやiCloudバックアップファイルから復元すればいいです。メールそんなに多くない場合では、保存したいメールを新しいメール先に転送したほうが操作しすいです。メールのほか、iPhone 連絡先をバックアップ・保存にご興味がある方はiPhoneの連絡先・電話帳を移行する方法までご参考ください。


Follow @矢沢 由紀子
お見逃しなく

推薦文章

iPhoneの連絡先を復元

iPhoneの連絡先を復元
iPhone連絡先を誤って削除してしまって復元したいですか。ここで紹介するiPhoneの連絡先を復元する方法をご利用ください。

iPhone SMS、MMS、iMessageを復元

iPhone SMS メッセージを復元
誤って大事なメッセージを削除したら、デバイ本体、iTunes/iCloudバックアップからメッセージを復元方法をご参考。

ブルーレイをiPhoneに取り込んで、変換

ブルーレイをiPhoneに変換
iPhoneでブルーレイ映画を再生すると、ブルーレイ iPhone 変換利用してブルーレイをiPhoneに変換する方法をご参考。

MP4をDVDに焼く

MP4をDVDに焼く方法
MacでMP4形式のムービーをDVDに焼いて、家庭用DVDプレイヤーで見たいなら、MacでMP4をDVDに焼く方法をご参考ください。