高品質な動画変換DVD リッピングiOS 転送ブルーレイリッピングPDF 変換などのソフトを提供することに専念しています。

Mac WMV MP4 変換 – MacでWMVをMP4に変換する方法

WMVはWindows Media Playerの標準対応できる形式として、広く人気を浴びています。しかし、 WMVはiMovie、QuickTimeなどMacユーザーによく使われるメディアプレーヤーと互換性がありません。ですから、ユーザーはパソコンをMacに買い替えました場合、お好きなWMVファイルはMacで再生できなくなります。あるいは、iPhone/iPad/iPodなどのiOSデバイスでWMVビデオを再生したいと思う時も、やはりそれをMP4という汎用ビデオ形式に変換する必要があります。

ネットでMac WMV MP4 変換などを調べると、MacでWMV動画を再生できないことに悩んでいる人が意外と多いそうです。例えば、知恵袋でこのような問題にぶつかったことがあります――WMV動画ファイルをmp4に変換したいです。 複数のファイルを突っ込んで一括で変換できるようなソフトがありますでしょうか。Macを使っています。

そこで、今日は、以上のようなことが簡単に実現できる、4Videosoft WMV MP4 変換 Macをみなさんのご紹介したいと思います。この専門的なソフトにより、Macユーザーは簡単にWMVファイルをMP4に変換でき、そして、お必要に応じてビデオの効果などを調整することもできるのです。

WMV MP4 変換 Macのできること

変換

この優れたWMV MP4 変換 Macソフトをご利用して、ユーザーはMacでWMVビデオファイル高速、高画質にMP4などの汎用動画形式に変換でき、そして、WMVソースビデオから音声だけを抽出して、MP3人気音声形式に変換することもサポートします。

編集

Macユーザーに向けて開発されたこのWMV MP4 変換ソフトにより、ビデオ形式を簡単に変換できる以外も、ユーザーはお必要に応じて動画をカットし、お必要な部分だけを変換できるし、輝度•コントラスト•飽和度•色相に対する調整により、動画の効果などをカスタマイズできます。

このMOV MP4変換Macソフトを開けて、簡単にインタフェースで「編集機能」を表示したボタンを見つけますが、出力ファイルのパラメーターを調整できる部分はプロファイールの「設定」です。この「設定」ボタンをクリックして、MOVから変換したいMP4形式のパラメーターを調整できます。ビットレート、フレームレート、解像度、アスペクト比などを含むパラメーター自由にカスタマイズできます。

MacでWMVをMP4に変換する方法

ステップ1、WMV MP4 変換 Macソフトをダウンロードして、パソコンにインストール

まず、ソフトをダウンロードして、.dmgファイルを実行して、Macにインストールしてください。

ステップ2、動画を編集

この専門的なWMV MP4 変換 Macソフトには基本的な動画編集機能も付いているので、ユーザーはMacでWMVをMP4に変換する前に、お必要に応じてビデオの効果などを調整できます。動画を編集する具体的な方法は、ビデオをトリム•クロップ、ピクチャをキャプチャするまでご参考ください。

動画を編集

ステップ3、出力形式をMP4に指定

インターフェースの「プロフィル」ボタンをクリックし、操作欄にMP4を入力すれば、ビデオの出力形式を再生デバイスに最適化したMP4に指定できます。そして、このWMV MP4 変換 Macをご利用して、WMVファイルをMP4に変換できる以外も、ほとんどすべての動画、音声形式間の相互変換も簡単に実現できます。

WMV MP4 変換

ステップ4、WMVをMP4に変換

ビデオの出力形式や保存先などを確認してから、インターフェースの「変換」ボタンを押せば、動画がMP4に変換し始まります。

WMV MP4 変換 Macはパソコン初心者に向いているという点では特に好評、便利だと思うなら、ソフトを無料ダウンロードして、自分で試してみましょう!