ブルーレイ オーサリングソフトランキング【2019年最新版】

お気に入りの動画をパソコンに保存するのがいいですが、HDDの空き容量が食われます。DVDに保存するなら、画質が劣ります。では、どうすれば気軽に動画を保存できますか。この時、動画をブルーレイに書き込むことをお勧めします。パソコンの空き容量を節約したり、高画質で再生したりできて、一石二鳥でしょう。ブルーレイの作成には専門的なブルーレイ オーサリングソフトが必要です。では、最新のブルーレイ オーサリングソフトランキングをみんなにご紹介いたします。

ブルーレイ オーサリング

ブルーレイ オーサリング Top 1 - 4Videosoft ブルーレイ作成

ブルーレイ作成は人気のブルーレイ オーサリングツールです。ビデオカメラのビデオ、スマホで撮った映像、ダウンロードしたオンライン動画など、様々な動画ファイルを高画質・高音質・高速度でブルーレイに書き込めます。MP4、AVCHD、MPEG、MOV、AVI、WMVなど、ほぼすべての動画形式にも対応できます。また、ブルーレイ オーサリングを行う時、オーディオトラックと字幕の追加、メニューの作成などもできます。

ブルーレイ作成でブルーレイを焼く手順:

Step 1:ブルーレイ作成をダウンロード

まず、下記のボタンでこのブルーレイ オーサリングソフトを無料ダウンロード、インストール、起動してください。

Step 2:動画を追加

空白のブルーレイディスクをパソコンに接続して、ブルーレイ オーサリングソフトのインタフェースの「ファイルを追加する」ボタンをクリックして、ローカルから動画を選択して追加してください。

ブルーレイ オーサリング - 動画を追加
Step 3:動画を編集

ブルーレイ作成ソフトは様々な編集機能を提供しています。動画を選択して、「編集」ボタンをクリックすれば、動画の輝度、コントラスト、色相、音量などを調整できます。「カット」機能で動画の不要部分を削除できます。また、「字幕」と「オーディオトラック」機能で外付けのオーディオや字幕ファイルを追加することも可能です。

ブルーレイ オーサリング - 動画を編集
Step 4:メニュー画面を作成

右側の「メニュー」で書くイメージのアイコンをクリックすると、メニュー画面に入ります。ここで、おニーズに応じて、自分なりのメニューを作成できます。例えば、フレーム、ボタン、テキストなどのカスタマイズ、背景音楽と背景画像の設定などもできます。設定の後、「保存」ボタンをクリックしてください。

ブルーレイ オーサリング - メニュー画面を作成
Step 5:ブルーレイを作成

最後、ブルーレイ オーサリングソフトのメイン画面にある「作成」ボタンを押すと、動画をブルーレイに書き込めます。

ブルーレイ オーサリング Top 2 - ImgBurn

ImgBurnは非常に有名のブルーレイ オーサリング フリーソフトです。無料ソフトですが、多機能で、イメージファイル作成、書き込み内容のベリファイ、ディスクコピー、RWディスクの内容消去、ディスクROM化、オーバーバーン、音楽CD用のCUEシート作成など、いろいろな機能があります。有料のソフトにも負けないくらい完成度が高く、そしてなによりも実用性が高いところが最大のポイントです。

ブルーレイ オーサリング - ImgBurn

ブルーレイ オーサリングTop 3 - multiAVCHD

multiAVCHDは海外製のフリーのオーサリングソフトで、ブルーレイ形式である「BDMV」に動画をオーサリングできます。MOV、MKV、WMV、AVI、MP4、MTS、MP3、OGG、WAVなどの動画・音声形式に対応できます。また、チャプター・音声・字幕などの追加、メニューの作成などの機能も備えていて、非常に高機能な無料ブルーレイ オーサリングソフトです。しかし、ライティング機能がないので、別途ライティングソフトを使用する必要があります。

ブルーレイ オーサリング - multiAVCHD

ブルーレイ オーサリングTop 4 - MakeBDAV

MakeBDAVは日本製のフリー ブルーレイオーサリングソフトです。内部処理的には「chotBDAV」というコマンドライン操作によってBDAVフォーマットで簡単にオーサリングできます。TS、M2TS、AVI、MPG、MPEG、MP4、WMVに対応できます。でも、multiAVCHDと同じ、ライティング機能を備えていなく、別途ライティングソフトでブルーレイを焼かなければなりません。

ブルーレイ オーサリング - MakeBDAV

ブルーレイ オーサリングTop 5 - BurnAware Free

BurnAware FreeはCD、DVD、ブルーレイディスクの作成に対応できる無料ブルーレイライティングソフトです。それだけではなく、イメージファイル焼き、マルチセッションディスク作成、ディスクコピー、ISO イメージファイルからのファイル抽出、RW ディスクの内容消去、光学ドライブの性能確認などの機能も付いていて、実用性は中々高いです。有料版と無料版があります。もともとは英語表記ですが、日本語化できます。

ブルーレイ オーサリング - BurnAware Free

ブルーレイ オーサリングTop 6 - DVD Memory

DVD Memoryはワンダーシェアの看板製品で、複数の動画、写真を組み合わせたムービーをブルーレイディスクにライティングできます。DVDフォルダー、ブルーレイフォルダー、ISOイメージファイルの作成もできます。メニュー作成、字幕追加、ウォーターマーク追加、動画の輝度・コントラスト・彩度調整など、多くの簡単な機能があります。直感的な画面で使いやすく、初心者にお勧めします。

ブルーレイ オーサリング - DVD Memory

ブルーレイ オーサリングTop 7- PowerProducer

PowerProducerは市販・レンタル DVD のようなチャプター選択メニューを付けたディスクの他、追記式 DVD-VR、AVCREC、BDAV形式での書き込み、オンディスク編集など、ユニークな機能が利用できる有料ディスクオーサリングソフトです。対応入力動画形式と対応出力動画フォーマット(BDMV、BDAV、DVD-Video、DVD-VR、AVCHD、AVCREC等)が多いのがこのソフトの特徴です。サイバーリンク社独特のUIもあります。

ブルーレイ オーサリング - PowerProducer
Tips:ブルーレイを選択する理由
DVDではなく、ブルーレイを選択する理由は大体二つあります。一番重要なのはブルーレイの高画質というメリットです。ブルーレイの解像度は1920×1080なので、DVDの720×480より、画質がもっと綺麗です。誰でも好きな映像をなるべく高画質で保存したいでしょう。そのほか、Blu-rayは1層で25GB、2層で50GBの容量があって、DVDの5倍に当たります。画質でも、容量でもDVDよりも優れているので、動画を保存する時にもっといい選択です。

もちろん、上記のブルーレイ オーサリングソフト以外、ほかのブルーレイを作成できるソフトもたくさんあります。しかし、いろいろなソフトの中、操作が簡単で、エラーが少なく、速度も速いので、ブルーレイ作成が一番好きです。ちなみに、ブルーレイを再生する時、専門的なブルーレイプレーヤーが必要です。この点に気をつけてください。

伊藤 聖子カテゴリ ブルーレイ

Nov 21, 2019 11:53Follow @伊藤 聖子
お見逃しなく

推薦文章

ブルーレイをM2TS形式に変換

ブルーレイをM2TS形式に変換する方法
ブルーレイディスクからM2TS形式の動画を取り出し、PCに保存したいなら、どうすれば良いですか。このガイドでは、ブルーレイをM2TS形式の動画に変換する方法を皆さんにご紹介いたしましょう。

M2TS動画ファイルをブルーレイに焼く

M2TS動画ファイルをブルーレイに焼く方法
M2TS動画をブルーレイディスクに変換して、ブルーレイを作成する気があれば、どうすれば良いですか。このガイドでは、M2TSファイルをブルーレイに変換して、焼く方法を皆さんにご紹介いたしましょう。

BDMVを変換

効率的かつ簡単にBDMVを変換する方法
手に入れたBDMVのBlu-rayディスクをMP4、AVIなどに変換して活用したいなら、可能なのですか。この文章では、効率的かつ簡単にBDMVを変換する方法を皆さんにご紹介いたしましょう。

ブルーレイをバックアップ

ブルーレイをバックアップする方法
blu rayの紛失や破壊を避けるようにどうすればいいですか。このガイドにより、ブルーレイをブルーレイフォルダ、ブルーレイISOファイルにバックアップする方法をご紹介いたします。