高画質でAVIをDVDに変換する方法

PCのHDD内にあるAVI形式の動画をほかのAV機器で鑑賞できるようにDVDに焼きたいのですが、どうすればよいのでしょうか。まずはAVIというものを了解しなければなりません。

AVIとは

元はMicrosoftに開発されたフォーマット、いまのAVIはコンテナとなって、様々なコーデックを格納できます。いつも使っているコーデックの組み合わせはDivX+MP3、H.264+MP3、H.264+AAC、WMV9+MP3です。Windows標準的フォーマットとして、AVIに対応するソフトウェアを開発しやすく、多数のコーデックがAVIコンテナに格納されて、.aviのファイルになります。

AVIをDVDに変換したいなら、対応するコーデックを用意する」必要がある、もし、コーデックを判断できなければ、汎用なコーデックをすべてサポートできるDVD作成ソフトを利用してください。 こちらは4Videosoft DVD作成をオススメします。Windowsユーザーだけでなく、この作成ソフトはMac版も開発した、MacでAVI動画をDVDに変換することを出来ました。また、弊社もMacでAVIを再生DVDをAVIに変換することができます。

AVI動画をDVDに変換

高画質でAVI動画をDVDに書き込む

AVIに採用された圧縮技術は画質を代償として、小さいサイズを取得しますので、画質があまりよくないですが、AVIのHD動画も1080pの解像度を取得できます。しかし、そのまま、1080pのAVI動画をDVDに書き込んたら、DVDを再生すると、画質が劣化してしまいました。この故は、DVDディスクは720pの解像度だけサポートすることです。DVDに焼いたら、どうしても720p以上の解像度で作成出来ません。

メニューをカスタマイズする

720p以上の解像度を取得出来ないといえども、こちらに紹介したAVI DVD変換ソフトはできる限り、高画質でAVIをDVDに変換することができます。変換だけでなく、自分なりのメニューも作成できます。 背景画面と背景音楽がすべて自分で調整でき、既存の背景の以外、公式サイトからも色々な オンラインメニューをダウンロードできます。

AVIをDVDに書き込み方法

以下はAVIファイルをDVDに焼く手順をご説明致します。下記のステップに従って、音ズレ、音が出ない問題を避けて、完璧に高画質のAVI動画DVDを作成できます。

AVI DVD 作成
Step 1:下記の「ダウンロード」ボタンをクリックして、AVI DVD変換ソフトをダウンロードして、お使いのパソコンにインストールしてください。ソフトを実行して、以上のインターフェースが見えます。
Step 2:インターフェースのツールバーから「ファイルを追加する」ボタンをチェックして、ローカルからAVI動画を選択できます。
Step 3:DVDメニューを作りたいなら、プレビューウィンドウから「メニューを編集する」ボタンをクリックして、、メニューを編集するウィンドウに入ります。ここでは、フレーム、ボタン、テキストなどで特別なDVDメニューを作れます。他に、背景音楽と背景画像も自由に追加できます。
DVDメニューを作成
Step 4:以上の設定が終わったら、インターフェースの「DVDに焼く」ボタンをクリックして、AVIの動画をDVDに焼くことができます。

これで、AVI動画をDVDに変換して再生できます。

kommentarコメント確認、シェアしましょう!
DVD 作成

DVD 作成

MP4、AVCHD、AVIなどの動画をDVD/ISOに作成でき、DVDメニューをカスタマイズできるソフトです。

無料体験 無料体験

推薦文章

DVD コピー フリーソフト

DVDコピー無料ソフトランキング
ここでは、DVDをDVDに、或いはパソコンにコピーできるフリーソフトを比較して、DVDコピーソフトランキングを作ってみました。

DVDをiPhoneに取り込む

DVDをiPhoneに取り込む・変換する方法
専門的なソフトを利用して、DVDをiPhone 6s/6s Plus/6/6 Plusなどのデバイスの対応できる動画形式に変換する方法を紹介いたします。

DVD プレーヤー 無料ソフト

DVD プレーヤー 無料ソフト
この文章では、無料でDVDをWindowsパソコンで再生するように、DVD プレーヤー フリーソフトをオススメします。多少ともご参考になれば嬉しいです。

ブルーレイをDVDに変換

ブルーレイをDVDに変換
ブルーレイ映画をDVDプレーヤーで再生するようにDVDに変換したいなら、ブルーレイ映画をDVDデータに変換する方法まで。