iPhoneデータを簡単にバックアップする方法

普段、iPhoneで、電話、メールで他人と連絡する以外、大事にしたい瞬間を写真、動画で保存できたり、気になるウェブサイトをブックマークに保存できたり、ゲームアプリを遊んできたりします。それで、連絡先、通話履歴、メール、メッセージの以外、写真、動画、Safari履歴、アプリなど様々なデータがiPhoneに保存されます。でも、使用頻度が高くになり、デバイス不具合、データが消えたのリスクも高くなります。どうやってこれらのことを防ぎますか?iPhone データの安全性を考え、定期、不定期でiPhoneのデータをバックアップすることが一番有効的な方法だと思います。

それに、大体毎年、Apple社が新しいiPhone器械を発売します。新しいiPhoneが登場するにつき、新しいiPhoneへ機種変更する人が多くなります。新しいiPhoneを買い替え、新機能を体験するのがいいですが、機種変際、古い端末からのデータ移行が一番重要、面倒なことになります。iPhoneユーザーにとって、ただデバイスを変更する前、iTunes、或いはiCloudにiPhoneデータをバックアップ、新しいiPhoneに復元できます。iTunes、iCloudの以外、ユーザーも他の専門的なiPhone データ バックアップソフトを利用してiPhoneのデータをバックアップできます。これから、詳しくiPhoneデータをバックアップする方法を紹介します。ご参考になれるように!

iPhone データ バックアップ

方法 1.iTunesでiPhoneデータをバックアップ

iTunesでiPhoneデータをバックアップすれば、写真、動画、連絡先、アプリなど様々なデータをバックアップできます。PC空き容量次第に、保存容量を決めます。詳しいデータバックアップの操作手順なら、以下のコンテンツをご参照ください。

ステップ 1.iTunesを起動、iPhoneをPCと接続、接続されたiPhoneアイコンをクリックしてください。

ステップ 2.展示された画面の右側の「バックアップ」場所の「このコンピュータ」、「iPhoneのバックアップを暗号化」をチェック、「適用」ボタンをクリック、iPhoneデータをiTunesに自動にバックアップします。

iTunesバックアップファイルを暗号化

ヒント:

1.データ安全性と、LINEのIDやトーク履歴などをバックアップできるために、「iPhoneのバックアップを暗号化」ボタンを必ずチェックしてください。

2.iPhoneのバックアップを暗号化したら、必ずパスワードを保存してください。iPhone バックアップのパスワードを忘れれば、復元不可能になりますよ!

方法 2.iCloudでiPhoneデータをバックアップ

iTunesでiPhoneデータをバックアップする方法と違って、iCloudでiPhoneデータをバックアップすれば、パソコン必要なし、ただWIFI接続があれば、データをバックアップできます。ただ、iCloudのバックアップファイルの無料容量制限があり、たくさんのデータをバックアップしたいと、ちょっとお得ではない方法だと思います。

1.まずは、デバイスで「設定」>「iCloud」の順次でタップしてください。

iCloudにログイン

2.登録されたiCloudアカウントの下のデータリストからバックアップしたい写真、連絡先、カレンダーなどの項目を「オン」にしてください。

iPhoneデータをiCloudにバックアップ

3.後で、登録されたiCloudアカウントの下の「バックアップ」をタップ、「iCloud バックアップ」をオンにして、「すぐにバックアップ」ボタンをクリック、iPhoneデータをバックアップ開始します。

iCloudでiPhoneデータをバックアップ完成、復元したいと、必ず新しいiPhone、或いは初期化されたiPhoneで操作します。でも、操作する際、ネット必要し、復元する際、iPhoneで操作できず、ちょっと不便ですね。また、復元する際、デバイスクラッシュになる可能性も高くて、iPhoneデータをバックアップしたいと、この方法をお勧めないです。

方法3. 専門的なiPhone データ バックアップツールを利用してiPhoneデータをバックアップ

iTunes、iCloudの以外、ユーザーも専門的なiPhone データ バックアップソフト、或いはiPhone専用のUSBメモリーを利用して、データをバックアップできます。例として、専門的なiPhone データ バックアップ ソフト – iOS 転送を紹介します。ご参考になれるように!

ステップ 1.iOS 転送というiPhone データ バックアップ ソフトをインストール

まずは、以下の「ダウンロード」ボタンをクリック、このiPhone データ バックアップ ソフトをダウンロード、インストールしてください。

ステップ 2.iPhoneデータをスキャン

後で、バックアップしたいiPhoneをPCと接続、データをスキャンします。スキャンされたデータはインターフェース画面の左側のデータカテゴリリストで展示されています。

iPhoneデータをスキャン

ステップ 3.iPhone データをバックアップ

それで、バックアップしたいデータカテゴリを開き、バックアップしたいデータをエクスポートして、PCにバックアップできます。データカテゴリで、データを丸ごとにバックアップできたり、特定データもバックアップできたりします。

以上の方法に応じて、iPhoneデータを簡単にバックアップできます。早めに試しましょう!

編集者伊藤 聖子カテゴリ iOS

Aug 07, 2018 16:10Follow @伊藤 聖子
お見逃しなく

推薦文章

iPhoneデータをiTunesにバックアップ

iPhoneデータをiTunesにバックアップする方法
新しいiPhone 7に機種変更したいですか?新しいiPhone 7に機種変更する際、データバックアップ、データ復元によって、困っていますか?これから、iPhoneデータをiTunesにバックアップする方法を案内致します。一緒に試しみましょう!

iCloud バックアップ

iCloud バックアップできないときの対処法
ネット環境と十分のストレージがあれば、iOSデータを簡単にiCloudにバックアップできるので、iCloudはたいへん人気を集めています。この文章により、iCloud バックアップできないときの対処法などについてみなさんにご紹介したいと思います。

iPhone バックアップ パスワード

iPhone バックアップ パスワードに関する情報
iPhone バックアップ パスワードを忘れ、データを復元できず、困っていますか?iTunes バックアップ パスワードを設定した記憶がなし、どうしてもパスワードを思い出されない場合で、どうしたらいいですか?この文章では答えを見つけるかもしれません。

iPhoneデータをiCloudにバックアップ

iPhoneデータをiCloudにバックアップする方法
iPhoneユーザーが日増しに増やしている中、iCloud バックアップはWi-fi環境と十分なストレージがあればご利用できるなどの特徴を誇り、人々に愛用されています。この文章により、iPhoneデータをiCloudにバックアップする方法を皆さんにご紹介したいと思います。