ブルーレイレコーダーのおすすめランキング | 10選

映画やドラマなどの映像ディスクの再生から地上・BSデジタル放送の録画まで、ブルーレイレコーダーは豊富な機能があって、充実的な生活の中に不可欠のものになっています。しかし、いろいろなブルーレイレコーダーの中、どちらが最適ですか。ブルーレイレコーダーの選択に困っている方が多いでしょう。ここで、最新のブルーレイレコーダーのおすすめランキングをみんなにご紹介いたします。

ブルーレイレコーダー

ブルーレイレコーダーの選び方

ブルーレイレコーダーを選択する時、人によって気にかけるポイントも違いますが、下記のことを特に注意した方がいいと思います。

• チューナー数

普通、見たい番組の時間がかぶることが多いですので、複数の番組を同時に録画できるかがブルーレイレコーダーの選びにおいて大切の点です。ブルーレイレコーダーに搭載されているチューナー数が多ければ多いほど、たくさんの番組を同時に録画できます。2番組以上同時に録画したい、特に家族で利用する方なら、チューナー数が多いブルーレイレコーダーをおすすめします。

• ハードディスクの容量

ブルーレイレコーダーのハードディスク(HDD)の容量が500GBだと、BSデジタルなら約45時間、地上デジタルなら約63時間録画できます。1~2TBだと、BSデジタルなら90~180時間、地上デジタルなら127~254時間録画できます。万が一、容量がいっぱいになったら、録画した番組を削除しなければなりません。HDDの容量に少し余裕があるため、1TB以上のブルーレイレコーダーをおすすめします。

• SeeQVault対応

SeeQVaultとは、さまざまな対応機器での再生互換性と強固なセキュリティを実現するコンテンツ保護技術です。ブルーレイレコーダーと外付けHDDの両方がSeeQVaultに対応できれば、録画した番組を他の機器で視聴できます。対応していないなら、外付けHDDをほかのブルーレイレコーダーやテレビで使う場合、初期化(今まで録画した番組がすべて消えてしまう)しないと使えません。データの引き続きのために、SeeQVault対応かは必ずチェックします。

• UltraHDブルーレイ対応

高い画質で映像を視聴したいなら、UltraHDブルーレイ規格に対応できるブルーレイレコーダーをおすすめします。従来のブルーレイより、UltraHDブルーレイは解像度・色・輝度がさらに向上しており、もっと綺麗な映像を楽しめます。

• 端末

Wi-Fi機能を備えているブルーレイレコーダーなら、ネットワークに接続しているとブルーレイレコーダーの記録映像をスマホやタブレットなどの端末でも視聴できます。なので、持ち歩けるデバイスで視聴したいなら、Wi-Fi機能があるブルーレイレコーダーをおすすめします。

また、メーカーによってブルーレイレコーダーの欠点をテレビで補うような設計がされているものもあります。テレビを主な端末とするなら、ブルーレイレコーダーを選択する時、テレビのメーカーに合わせて購入した方がいいと思います

ブルーレイレコーダーの人気メーカー

ブルーレイレコーダーといえば、パナソニック、ソニー、シャープ、東芝といった大手メーカーがあります。メーカーごとにそれぞれの特色もあります。次、四つのブルーレイレコーダー人気メーカーについてのことも簡単にご紹介いたします。

パナソニック(Panasonic)

パナソニックのブルーレイレコーダーは「DIGA(ディーガ)」という名称で販売されています。高画質録画が一番大きな特徴です。Ultra HD Blu-rayというブルーレイ規格に対応しており、高画質で映画やテレビ番組を楽しめます。また、「おうちクラウドディーガ」機能を利用して、録画した番組をスマホで再生したり、スマホの写真、音楽、動画をブルーレイレコーダーに保存したりできます。

ソニー(SONY)

ソニーのメインで展開しているのは「BDZシリーズ」ブルーレイレコーダーです。多くの機能を搭載しています。テレビ番組の予約ランキングや視聴数をチェックできる機能、スマホやタブレットで録画した番組を楽しめる機能、リモートで番組録画ができる機能など、様々な機能でブルーレイレコーダーを便利に使用できます。また、専用アプリと連携して使用することもできます。

シャープ(SHARP)

シャープは簡単・快適録画の「AQUOSシリーズ」で有名なブルーレイレコーダーメーカーになります。シンプルで扱いやすいので、機械が苦手な方でも気軽に使用できます。また、シャープ独自の機能「ドラ丸」(ドラマだけをリストアップする)を搭載していて、わざわざ録画をしなくても、自動で連ドラを予約してくれるので、ドラマ好きの方にシャープブルーレイレコーダーをおすすめします。4K対応、スマホからの視聴・予約などの機能も搭載しています。

東芝(TOSHIBA)

東芝は地デジ番組を最大6チャンネル、約80時間分まるごと録画し続ける「タイムシフトマシン」機能で有名です。また、見たい番組をすぐ検索・視聴できる「時短」などの機能もあります。録画性能と録画容量に優れ、たくさんのテレビ番組を録画したい方に東芝ブルーレイレコーダーをおすすめします。

ブルーレイレコーダーのおすすめ

ソニー BDZ-ZW1500

ソニーのBDZ-ZW1500のハードディスク容量は1TBです。録画時間は最高画質で約129時間です。SeeQVaultに対応でき、地上デジタル放送、BS放送、CS放送の中から2番組同時録画が可能で、4Kアップコンバート、素早くとれる「番組表」、人気番組をとり逃さない「みんなの予約ランキング」などの機能を搭載しています。

ブルーレイレコーダー おすすめ - ソニー BDZ-ZW1500

東芝 REGZA DBR-W1009

便利な時短再生機能のついたブルーレイレコーダーです。1.3倍速の早送り再生や、チャプターの自動スキップで、見どころのあるシーンまで飛ばすことができます。「スマホdeレグザ」機能により、スマートフォンの録画リストや時短リストで番組を選んでテレビまたはスマートフォンで時短再生できます。番組ごとに「通常再生」、「らく見」、「らく早見」、「飛ばし見」の4つのコースから簡単に再生できます。

ブルーレイレコーダー おすすめ - 東芝 REGZA DBR-W1009

東芝 REGZA DBR-M4008

RAGZAの「タイムシフトマシン」機能により、最大7チャンネルの全自動録画が可能です。録画容量として4TBの内蔵HDDを搭載し、最大15日分のテレビ番組を自動で録画できます。録画予約は、別で同時に3番組に対応できます。また、タイムシフト録画中でも録画した番組の視聴も可能です

ブルーレイレコーダー おすすめ - 東芝 REGZA DBR-M4008

パナソニック DIGA DMR-BRS530

「新番組/特番おしらせ」に対応し、新番組だけでなく、不定期放送の特番や映画の初放送番組もお知らせます。「かんたんリモコン」を使えば、「録る」「見る」の大型ボタンで録画や再生に迷わなく、気軽に操作できます。価格は安いですが、必要最低限の機能は付いているので、コスパ重視の方にこのブルーレイレコーダーをおすすめします。しかし、容量は500GBであることに気をつけてください。

ブルーレイレコーダー おすすめ - パナソニック DIGA DMR-BRS530

シャープ AQUOS 2B-C05BW1

指定したジャンルの番組を、4週間分を自動で録画してくれる「ドラ丸」機能を搭載しています。容量は500GBで少ないですが、スマートスピーカーに話しかけるだけで録画した番組の再生や検索ができるのが魅力です。外出しても、スマホでリモート視聴したり、録画予約したりできます。

ブルーレイレコーダー おすすめ - シャープ AQUOS 2B-C05BW1

パナソニックおうちクラウドDIGA DMR-BRW1060

容量1TBで、同時2番組録画可能で、SeeQVaultに対応しており、録画番組や放送中の番組、本体内の写真・動画やCD楽曲などをスマートフォンやタブレットで楽しめるブルーレイディスクレコーダーです。4Kアップコンバートやノイズ除去などの画像補正機能を備えていて、映像モードに合わせた最適な映像を再生できます。

ブルーレイレコーダー おすすめ - パナソニックおうちクラウドDIGA DMR-BRW1060

シャープ AQUOS BD-NW1200

録画した番組を18番組まで同時表示できるブルーレイレコーダーです。「ドラ丸」機能で連続ドラマを自動で録画してくれるので、視聴中のドラマを見逃す心配もありません。連続ドラマを自動的に録画しますが、再生後4週間経つと自動的に削除します。2番組同時録画に対応しており、内蔵HDDの容量は1TBです。

ブルーレイレコーダー おすすめ - シャープ AQUOS BD-NW1200

パナソニックおうちクラウドDIGA DMR-4CW200

4K衛星放送と、2番組同時の4K録画に対応できる高性能のブルーレイレコーダーです。UltraHDブルーレイにも対応しているため、高画質で映画を楽しみたい方に最適です。また、録画番組、CD楽曲、写真・動画をためて、いつでもスマホで楽しめる「おうちクラウド機能」を搭載しています。

ブルーレイレコーダー おすすめ - パナソニックおうちクラウドDIGA DMR-4CW200

東芝REGZA DBR-T1008

3番組同時録画できるブルーレイレコーダーです。外付けハードディスクは最大4台まで接続できるため、録画残量を気にせず録画できます。録画した番組を時短で見て、残し、録画することをコンセプトに設計されています。時短ボタンを押せば、空き時間にあわせて再生できるのが特徴です。

ブルーレイレコーダー おすすめ - 東芝REGZA DBR-T1008

パナソニックおうちクラウドDIGA DMR-BRG2050

2TBの内蔵HDD容量で、6番組の同時録画できるので、家族の観たい番組が分かれても安心です。無線LAN接続にも対応しており、スマホの写真や動画を本製品に保存・再生することもできます。コストパフォーマンスもいいので、家族で使用する方にこのブルーレイレコーダーをおすすめします。

ブルーレイレコーダー おすすめ - パナソニックおうちクラウドDIGA DMR-BRG2050

上記、ブルーレイレコーダーの選び方、人気メーカー、および最新のブルーレイレコーダーのおすすめランキングをみんなにご紹介いたしました。ブルーレイレコーダーを入手したい方は、ぜひ上記の内容を参考に自分のライフスタイルにあった商品を選択してください。また、HDDの容量がいっぱいになったり、故障で録画した番組を再生できくなったりすることを防ぐために、好きなデータを定期的にブルーレイディスクに保存しましょう。実は、ブルーレイレコーダー以外、動画をブルーレイに書き込めたいなら、ブルーレイ オーサリングソフトを使用して気軽に焼けます。

伊藤 聖子カテゴリ ブルーレイ

Nov 29, 2019 11:53Follow @伊藤 聖子
お見逃しなく

推薦文章

PS3/PS4でブルーレイを再生する方法について

PS3/PS4でブルーレイを再生する方法について
4Videosoft ブルーレイリッピングは専門的なBD 変換ソフトで、ブルーレイファイルを高画質にMP4、MOV、AVIなどの流行っている動画形式にリッピングできます。そして、お好きなBDファイルを思う存分に高画質に視聴できるようになります。

ブルーレイ 再生 ソフト ランキング

ブルーレイ 再生 ソフト ランキング
DVD/Blu-ray レンタル屋で借りったブルーレイディスクを再生したい、無料のブルーレイ 再生ソフトを探していますか?或いは、今使っているBlu-ray 再生ソフトが使いにくい、困っていますか?この文章では、幾つかのブルーレイ 再生ソフトをまとめました。

ブルーレイをM2TS形式に変換

ブルーレイをM2TS形式に変換する方法
ブルーレイディスクからM2TS形式の動画を取り出し、PCに保存したいなら、どうすれば良いですか。このガイドでは、ブルーレイをM2TS形式の動画に変換する方法を皆さんにご紹介いたしましょう。

ブルーレイをバックアップ

ブルーレイをバックアップする方法
blu rayの紛失や破壊を避けるようにどうすればいいですか。このガイドにより、ブルーレイをブルーレイフォルダ、ブルーレイISOファイルにバックアップする方法をご紹介いたします。