高画質でAviUtlの作成したファイルをDVDへ焼く

最近、「AviUtl DVD作成」についての質問がよくネットから見られます。

確かに、動画ファイルを編集・加工したり、色んなコーデックに圧縮して出力したりできるので、AviUtl動画編集フリーソフトはたくさんの愛用者がいます。また、AviUtlで作成した動画をパソコン、スマホなどのデバイスに保存すれば、容量不足、誤って削除などの心配があります。だから、動画をAviUtlで編集してDVDに焼く人も多くなっています。では、ここで、「AviUtl DVD作成」について、具体的な方法をみんなにご紹介いたします。

AviUtlの作成したファイルをDVDへ焼く

AviUtlで動画を編集

高機能の動画編集ソフトとして、AviUtlは余分な映像のカット、ノイズの除去、色調の補正など、様々な編集を無料でできます。しかし、ある時、プラグインを導入する必要があるので、分かりにくいものもあります。では、まず、AviUtlで動画を編集することをみんなにご説明いたします。

プラグイン

L-SMASH WorksはAviUtlの入力プラグインで、様々な形式の動画ファイルを読み込むことができるためのものです。

x264guiExは通常の出力プラグインとして、動画をH.264という動画形式で保存できます。

拡張編集プラグインはAviUtlでいろいろな動画編集をするためのプラグインです。実は、AviUtl本体では簡単な編集しかできません。もっと多くの編集を行いたいなら、プラグインを導入することが必要です。

Lanczos 3-lobed 拡大縮小は動画の画面サイズを調整するためのプラグインです。

もちろん、上記のいくつかの基本的なプラグイン以外、AviUtlのプラグインがたくさんあります。では、必要に応じて、ほかのプラグインを導入してください。

編集

AviUtlでいろいろな動画編集をできますが、ここで、動画をカットすることを例にして簡単にご紹介いたします。

1.拡張編集プラグインを導入してから、編集したい動画をドラッグ&ドロップして読み込みます。

2.この赤縦線をカットしたい部分の最初の位置に移動します。

線をカットしたい部分の最初の位置に移動

削除したいオブジェクトを右クリックして「分割」をクリックします。

「分割」をクリック

3.さきほどと同じように、赤縦線をカットしたい部分の最後に移動して、削除したいオブジェクトを右クリックして「分割」をクリックします。

4.不要なオブジェクトで右クリックし、「削除」を選択します。或いは、「Delete」キーで削除します。

不要な部分を削除

5.右側のオブジェクトをドラッグして、カットした空白の部分を埋めます。

二つの部分を結合

6.その後、「x264guiEx」プラグインを使って、編集した動画を出力します。もちろん、「ファイル」の「AVI出力」を選択して、AVIで動画を出力してもいいです。

注:実は、AviUtlのほか、FFmpegも無料で動画を編集でき、多くの編集ソフトの中でも人気があります。また、動画変換 究極ソフトも効果調整、動画クロップ、カット、結合、ウォーターマーク追加などの編集機能も備えていて、使いやすい動画編集ソフトです。

AviUtlの編集した動画をDVDに焼く

プラグインによって、AviUtlは強い編集機能がありますが、どんなプラグインを導入しても、AviUtlでDVDを作成することが不可能です。だから、AviUtlの編集した動画をDVDに書き込みたいなら、第三者のDVD作成ソフトが必要です。

4Videosoft DVD 作成は専門的なDVD 作成ソフトとして、AVI動画でも、ほかのMP4、AVCHD、MPEG、MOVなどの動画でも、気軽にDVDディスク、DVDフォルダ及びISOファイルに作成できます。また、動画の編集、メニューの追加などもでき、個性的なDVDを作成できます。

AviUtlの編集した動画をDVDに焼く手順:

1.AviUtl DVD作成ソフトを起動

下記の無料ダウンロードリンクでDVD 作成ソフトをダウンロード、インストール、起動してください。

2.AviUtlの編集した動画を追加

メインインタフェースの左上側の「メディアファイルを追加」ボタンをクリックして、AviUtlの動画ファイルを選択してください。

AviUtlの編集した動画を追加

3.動画を編集

DVD 作成は様々な編集機能も備えています。動画を選択してから、「強力ツール」の「ビデオ編集」をクリックすれば、回転、カット、クロップ、効果などの機能を使用できます。編集した後、「適用する」ボタンを押してください。そして、「次へ」をクリックします。

動画を編集

4.DVDメニューを作成

出たDVDメニュー作成画面で、好きなメニューテーマを選択できます。また、音楽の追加、背景の変換もできます。メニューを追加したくないなら、右下側の「メニューなし」にチェックを入れてください。その後、「焼く」ボタンをクリックしてください。

DVDメニューを作成

5.AviUtlの動画をDVDに焼く

最後、保存先を選択して、「開始」ボタンをクリックすれば、AviUtlの動画をDVDに書き込めます。

AviUtlの動画をDVDに焼く

DVDFlick、DVDStylerなど、多くのDVD作成ソフトがありますが、速い速度、高い画質、やすい操作なので、上記のDVD 作成を使用してAviUtlの動画をDVDに焼いたほうが一番いいと思います。また、スマホで撮影した動画をDVDに書き込みたいなら、スマホ 動画 DVD 焼くまでご参考ください。

kommentarコメント確認、シェアしましょう!
DVD 作成

DVD 作成

MP4、AVCHD、MPEG、MOV、AVI、WMVなどのローカル動画をDVD/ISOに作成でき、DVDテンプレート、背景画像、背景音楽、オープニング及びタイトルの内容を選択するによって、DVDメニューをカスタマイズできます。

無料体験 無料体験

推薦文章

DVDをiPhoneに取り込む

DVDをiPhoneに取り込む・変換する方法
この文章により、DVDをiPhone 6s/6s Plus/6/6 Plusなどのデバイスの対応できる動画形式に変換する方法を紹介いたします。

DVDから音声を抽出

DVDから音声を抽出
ライブDVDからMP3、WAVなどの音声を抽出して活用したいとは思いませんか。簡単にDVDから音声のみを抽出する方法のご紹介。

DVD プレーヤー 無料ソフト

DVD プレーヤー 無料ソフト
この文章では、無料でDVDをWindowsパソコンで再生するように、DVD プレーヤー フリーソフトをオススメします。多少ともご参考になれば嬉しいです。

MP4をDVDに焼く

MP4をDVDに焼く方法
MacでMP4形式のムービーをDVDに焼いて、家庭用DVDプレイヤーで見たいなら、MacでMP4をDVDに焼く方法をご参考ください。