Windows Media Player再生できない?原因と解決法

更新日: Dec 29, 2023

「Windows Media Playerが急にCDが再生できずに困ってます。OSはウィンドウズ8.1です。その解決方法は?」Windows Media Playerは、多くのWindowsユーザーにとって優れたメディアプレーヤーとして知られています。ただし、以上の問題のように、何らかの原因でWindows Media Playerが再生できない問題に直面することがあります。この記事では、その問題に対して主な原因と対処法について詳しく説明します。

Windows Media Player 再生できない

Windows Media Playerが再生できない原因

Windows Media PlayerはMicrosoftが開発したWindowsオペレーティングシステムに標準搭載されているメディアプレーヤーソフトウェアです。このプレーヤーは、ユーザーが音楽、ビデオ、画像などの多様なメディアコンテンツを再生、整理、および管理するための豊富な機能を提供しています。時には、Windows Media Playerが急に動作しない、動画ファイルを再生できない時、その原因はいくつかの要因に起因することがあります。以下はWindows Media Playerが再生できない一般的な原因の一部です。問題の診断と解決のためには、具体的なエラーメッセージや状況を詳しく確認し、適切な対処法を選択する必要があります。

1、コーデックの不足または破損:Windows Media Playerがサポートされないファイル形式だと考えられます。今、Windows Media Playerは.avi、.wmv、.mp4、.mov、.mp3、.aacなどをサポートし、.ra、.rm、.ram などのファイル形式がサポートされていません。

2、破損したWindows Media Playerライブラリと動画ファイル:メディアライブラリが破損している場合、再生時にエラーが発生することがあります。また、不完全なダウンロードとソフトウェアの不具合などの原因により、再生するファイルが破損する可能性もあります。

3、コーデックの不足または破損:Windows Media Playerが特定のメディアファイルを再生できない場合、必要なコーデックが不足しているか、古い、破損している可能性があります。

4、ドライバの問題:パソコンの不具合で、Windows Media Playerが動画ファイルを再生できない可能性があります。サウンドカードやビデオカードのドライバが古い、破損している、または正しくインストールされていない場合、Windows Media Playerの再生に問題が生じることがあります。

5、OSの更新や互換性:Windowsの更新プログラムや新しいバージョンのOSが古いWindows Media Playerバージョンと互換性がない場合、再生に問題が生じることがあります。

解決済み|Windows Media Player再生できない時の対処法

1. ファイル形式を変換する

Windows Media Playerがサポートされないファイル形式の場合、特定拡張子の動画や音楽を再生できなければ、拡張子を変更できるソフトを使って、Windows Media Playerに対応しない動画を対応する形式に変換できます。

4Videosoft 動画変換 究極という音声・動画の拡張子を変更できるソフトを使用できます。このソフトで殆どの動画形式を高品質でMP4、MOV、WMV、WMAなどのWindows Media Playerのフォーマットに変更できます。ちなみに、動作環境や対応状況を確認するように、購入前、無料で試用することをおすすめします。ダウンロードボタンは下記でございます。

2. 再生ファイルが破損していたかどうかを確認する

Windows Media Playerで再生するファイルが破損していたかどうかを確認するには、まずパソコンに同じファイル拡張子のその他の動画をWindows Media Playerで再生するか、また、Windows Media Playerの代わりに、ほかの動画プレーヤーを利用してこの再生できない動画ファイルを再生してみましょう。もし動画ファイルが破損するなら、専門の修復ツールを使用して動画ファイルを修復する必要があります。

破損した動画ファイルを修復するには、4Videosoft 動画修復がおすすめです。このソフトは、AI修復技術を採用したため、複雑な設定が不要で超簡単に破損した動画を修復できます。MP4、3GP、MOVなどの形式に対応し、フリーズ、ノイズ、画面の乱れなど、さまざまな問題に対処することができます。このソフトを利用して、破損して再生できない動画ファイルを完璧までに修復できるかもしれません。

3. コーデックがインストールする

バージョン11以前のWindows 7用windows media playerはMP4に対応していません。そのため、MP4に対応したコーデックをインストールする必要があります。コーデックはマイクロソフト公式HPには無いため、ほかのサイトからダウンロードしましょう。「windows media player mp4 コーデック ダウンロード」で検索するといくつか出てきます。Windows 8、Windows 10、Windows 11でコーデックが不足している場合、コーデックをインストールするよりもWindows media playerの再インストールをしたほうが簡単です。

4. パソコンの不具合を修復

パソコンの不具合によって、Windows Media Playerが正常に動作しない、またはメディアファイルを再生できない可能性は存在します。オーディオドライバやグラフィックスドライバが不正確または古い場合、Windows Media Playerの再生性能に問題が発生する可能性があります。また、マルウェアやウイルスに感染したパソコンでは、Windows Media Playerのようなアプリケーションが予期せぬ動作を示すことがあります。これにより、再生中にエラーが発生したり、ソフトがクラッシュしたりする可能性があります。

1. システムの再起動:シンプルですが、多くの一時的な問題やエラーが解消される場合があります。再起動後に問題が解決するか確認してみてください。

2. マルウェアスキャン:ウイルスやマルウェアがパソコンに感染している可能性がある場合、信頼性のあるアンチウイルスソフトウェアを使用してシステム全体をスキャンします。

3. ドライバの更新:オーディオ、ビデオ、ネットワークなどのデバイスドライバが最新であることを確認し、必要に応じて更新します。

4. 不要なファイルの削除:ディスクの空き容量が不足している場合、不要なファイルやキャッシュをクリーンアップして空き容量を確保します。

5. ハードウェアの確認:物理的な問題が原因である可能性がある場合、パソコンのハードウェアを診断またはテストするツールを使用します。

5. Windows Media PlayerでCDを再生できない

マイクロソフト会社の公式サイトにはWindows Media PlayerでCDを再生する方法を紹介しました。その記事により、ドライブの状態を確認し、必要に応じてドライバを更新します。あるいはWindows Media Playerの設定やコーデックに関する問題がないか確認し、必要な更新や修正を行います。これでCDの再生問題を解決できるかもしれません。

しかし、以上の手順に従ってもCDを再生できない状況も時々起こります。この場合、下記の原因を考えてください。

1. CDディスクが汚れ、傷つけなど故でデータを読み込めまいことがあります。別のCDを試してみて、問題が解消するか確認します。

2. お使いのドライブはCDに対応しないので、パソコンにCDが認識されないことがあります。ドライブの状態を確認し、必要に応じてドライバを更新します。

3. Windows Media Playerとシステム音量をミュートに設定したので音が出ない可能性があります。設定やコーデックに関する問題がないか確認し、必要な更新や修正を行います。

6. Windows Media PlayerでDVDを再生できない

まず、Windows8、8.1或いはそれ以上のパソコンには標準で搭載するMedia PlayerはDVD再生機能を備えないことを気をつけてください。特定のDVDコーデックがシステムに不足している場合、再生できないことがあります。こういう場合に、Windows 8/8.1でDVDディスクを再生する方法、Windows 11とWindows 10でDVDを再生できるソフトランキングまでWindows8以降のパソコンでDVDを再生する方法をご参考ください。必要に応じて、DVD再生に必要なコーデックを追加または更新することで、Windows Media PlayerでのDVD再生が改善される可能性があります。

7. Windows Media Player代わりにフリー再生ソフト

ここではWindows Media Player代わりの動画やDVD、ブルーレイ再生できるソフト-4Videosoft ブルーレイプレーヤーをおススメします。Windows Media Playerに比べて、より多くの動画・音声ファイル形式をサポートする一方、DVDディスク、ブルーレイディスクの再生も対応しています。例えば、MP4、MKV、MOV、3GP、3G2、MTV、AAC、AC3、AIFFなどがサポートされています。その他、サイズが軽量で、汎用性の高い動画再生ツールです。さらに、再生中オーディオ効果、アスペクト比、スキン変更なども自由に設定できます。カスタマイズにより最高の使用体験を得られます。

よくあるご質問(FAQ)

質問 1. Windows Media PlayerでDVDが再生できないのはなぜ?

Windows Media PlayerはデフォルトでDVDの再生に対応していない可能性があります。一部のWindowsのバージョンやエディションでは、DVD再生機能が含まれていないことがあります。DVDを再生するためには、別のDVDプレーヤーソフトウェアをインストールするか、Windows DVD プレーヤーといった特定のアプリをMicrosoft Storeから購入またはダウンロードする必要があります。

質問 2. Windows Media Playerで音楽を再生するにはどうすればいいですか?

Windows Media Playerを使用して音楽を再生するには、以下の手順に従います。まずはスタートメニューを開き、Windows Media Playerを検索または選択します。そして、左側のライブラリセクションで、音楽を含むメディアファイルが保存されている場所を選択します。最後に再生したい曲をダブルクリックまたは選択し、再生ボタンをクリックして再生を開始します。

質問 3. Windows Media Playerがなくなりました。どうすればいいですか?

Windows Media Playerがなくなった場合、Microsoft Storeから「Windows DVD プレーヤー」などのアプリケーションをダウンロードしてDVDを再生することができます。また、他のメディアプレーヤーソフトウェアをインストールして、音楽や動画の再生を行うことも可能です。

質問 4. PCでCDが再生できない原因は何ですか?

PCでCDが再生できない原因はいくつか考えられます。ドライブの故障、ドライバの問題、汚れたまたは損傷したCD、またはメディアプレーヤーソフトウェアの問題などが考えられます。まず、CDやDVDドライブの状態を確認し、必要に応じてドライバを更新するなどの対処を試みると良いでしょう。

質問 5. 無料のMedia Playerはありますか?

無料で利用できるメディアプレーヤーソフトウェアはいくつかあります。例として以下のようなものが挙げられます。VLC media player、Media Player Classic - Home Cinema、PotPlayerなどのソフトウェアは、多くのメディアフォーマットに対応し、ユーザーフレンドリーなインターフェイスを提供しています。必要に応じて、これらのプレーヤーの中から適切なものを選択して使用することができます。

まとめ

Windows Media Playerの再生問題はさまざまな原因によって引き起こされる可能性がありますが、上記の対処法を試すことで多くの問題は解決できるかもしれません。4Videosoft 動画修復を利用して、破損した動画ファイルを簡単に修復できます。動画圧縮、動画変換、動画編集などにより、動画ファイルが破損して再生できない場合は、ぜひこのソフトを試してみましょう。

編集者

編集者: 佐藤 花音  |  カテゴリ:メディアプレーヤー

更新日: Dec 29, 2023

コメント確認、シェアしましょう!

AI&完璧修復

動画修復 動画修復

AI技術を採用し、破損した動画を完璧なまでに修復できます

関連文章