【2024】DVD作成フリーソフト!MP4をDVDに書き込み・焼く方法

更新日: Mar 29, 2024

MP4などのビデオは、生活に欠かせない存在となっています。YouTube、Twitter、インスタなどからMP4の動画をダウンロードし、それを家庭用DVDプレイヤーで視聴できるようにするため、DVDに焼きたいという場合、どうすればいいでしょうか。簡単で安全にMP4をDVDに書き込む方法について、どれほどわかっているでしょうか。動画共有サイトからダウンロードされたMP4ファイル、iPhoneなどのデバイスで撮影したMP4動画ファイルをDVDに書き込むことに悩んでいる方が少なくないようですで。そこで、この記事では、WindowsとMacで手軽くにMP4をDVDに書き込み・焼く方法を紹介します。

MP4 DVD 書き込み

MP4ファイルをDVDに書き込む・焼くには

MP4ファイルを「DVD-Video」形式に変換・書き込んだら、ビデオをより広範囲で共有しやすくすることができます。一般的なDVDプレイヤーやコンピューターのDVDドライブを使用すれば、家庭内やイベントで簡単に再生できます。また、「DVD-Video」形式はデジタルデータよりも安定性が高く、長期間保存することができます。さらに、DVDはデジタルファイルよりも大容量のデータを保存できるため、大規模なプロジェクトや長時間のビデオを保存するのに便利です。

MP4ファイルをDVDに書き込むには、一般的に適切なDVD書き込みソフトウェアを利用できます。書き込みたいMP4動画をソフト内に追加後、必要に応じてメニューや設定をカスタマイズします。その後、DVDに書き込むための空のDVDディスクをDVDドライブに挿入し、書き込みプロセスを開始します。プロセスが完了すると、DVDは再生可能な形式になり、他のDVDプレーヤーで再生できるようになります。

DVDを作成する前の準備

ビデオファイルの準備:MP4ファイルなどのビデオファイルを選択し、必要に応じて編集やトリミングを行います。ビデオの内容や長さに応じて、適切なDVD容量を確保することが重要です。

空のDVDディスクの準備:DVDを書き込むための空のDVDディスクを用意します。DVD-RやDVD+Rなどの適切なフォーマットを選択し、品質の高いブランドのディスクを使用することをお勧めします。

DVD書き込みソフトウェアのインストール:パソコンに適切なDVD書き込みソフトウェアをインストールします。一般的なソフトウェアには、4Videosoft DVD 作成、Nero、ImgBurn、またはWindows DVDメーカーなどがあります。選択したソフトウェアがMP4ファイルをサポートしていることを確認してください。

DVDプレーヤーの確認:作成したDVDが再生されるかを確認するために、DVDプレーヤーを使用してテスト再生を行います。これにより、作成したDVDが他のDVDプレーヤーでも正常に再生できることを確認できます。

高画質でDVD焼く|ほぼあらゆる動画形式に対応する4Videosoft DVD 作成

4Videosoft DVD 作成は専門的なDVD 書き込むソフトとして、MP4、AVCHD、MPEG、MOV、TRP、MPG、MPEG、VOBなど多数の動画ファイルを容易くDVDに書き込めます。DVDディスク、DVDフォルダ、ISOイメージファイルとしてMP4動画を保存できます。それに、上記の無料DVD書き込みソフトと違って、このソフトは動画をDVDに焼く際、DVD-Video形式として書き込むというDVDオーサリング作業が自動的に完成できます。

その他、MP4をDVDに作成する前に、動画の効果を調整できます。それで、一番のDVD映像を保証できます。簡潔なインターフェースなので、動画をDVDに焼く方法は分かりやすいのは魅力です。Mac対応のDVD書き込みもあります。

メリット

1. 汎用的形式の動画をDVD/ISOに焼き、メニュー・音声・字幕追加も可能です。

2. 多種多様な編集オプションにより、DVD動画の作成効果を多いに向上させます。

3. ビデオ処理アルゴリズム技術や加速技術により、動画を高画質かつ高速度でDVDに焼きます。

4. インターフェースが直感的で、カスタマ設定も可能、利用体験が素敵!

5. 多彩なメニューテンプレートで自分なりの魅了的DVD動画が安易に作れる。

この4Videosoft DVD 作成は分かりやすいインタフェース、且つ最新のDVD書き込みエンジンを備えて、動画、イメージをDVDディスクに書き込む以外に、MKVをISOイメージファイルへ作成、DVDフォルダーに生成や、ブルーレイムービーを焼くのもできます。

Freemake Video Converterで簡単にMP4をDVDに書き込み

Freemake Video Converterは動画変換ソフトとしてよく使われますが、実はこのソフトでMP4、AVI、MKV、FLV、3GP、MPGなど様々な動画をDVDに作成することができます。このソフトには動画編集機能も備えていますので、MP4ファイルを編集してからDVDに書き込むのがいいところだと思われます。また、メニュー作成、字幕追加も対応できます。

でも、そのデメリットとして、Freemake Video Converterにオーサリング機能がついていないため、作成したDVDがパソコンで再生でき、DVDプレイヤー、レコーダーでは再生できません。

メリット

1. ライドショーや視覚エフェクトの作成、メニュー作成、字幕追加などの編集機能を備えています。

2. 対応可能な形式が豊富で、携帯デバイス機器対応形式への変換も可能です。

3. インストールがわかりやすく、専門知識がなくても、感覚的に操作できます。

デメリット

1. オーサリング機能がついていないため、作成したDVDはPC以外のDVDプレイヤー・レコーダーでは再生できません。

2. インストールするときに、デフォルトで余分なアドウェア・スパイウェアらしきものも一緒にインストールされてしまいます。

3. 長く自動更新はなく、何等かのエラーでうまく機能しない場合があります。

Freemake Video Converter

DVD FlickでフリーにMP4をDVDに変換

DVD Flickは人気を集めるDVD作成ソフトとして、H.264、FLV、MPEG、AVI、MXF、SWF、WMV等多くの動画をDVDに書き込んで、作成できます。それに、動画タイトルの編集、DVDメニューの作成、ISOイメージファイルの出力にも対応できます。ドウェアやスパイウェアは入っていないで、複雑な設定も不要で、MP4をDVDに簡単に書き込みたい初心者にはお勧めします。その使用方法はDVD Flickの使い方という文章まで確認してください。

メリット

1. 豊かなフォーマットにも対応していてライティングまで可能です。

2. インターフェースが簡潔で、動作も軽く、動画編集初心者も簡単に使えます。

3. チャプター・字幕の追加、タイトルの編集など簡単な編集機能を提供します。

デメリット

1. 長い間バーションアップされていません。また公式サイトで日本語版がなく、英語苦手な方にとっては不便かもしれません。

2. 変換効果があまり良くなく、音切れや動画フレーム落ちが発生したことがよくあります。

3. 形式の異なる動画を同じDVDディスクに焼くことができません。 Windows XP/Vista/7/8のみ対応でき、Macの場合は利用できません。

DVD Flick

無料標準ソフトWindows Media PlayerでDVDの焼き方

無料の標準ソフトウェアであるWindows Media Playerは、多くのWindowsユーザーにとって馴染み深いプレーヤーですが、実はDVDの作成もサポートしています。Windowsオペレーティングシステムに組み込まれており、無料で提供されています。主な機能は音楽と動画の再生ですが、一部のバージョンではDVDの作成もサポートしています。Windows Media Playerを使用すると、簡単にMP4などのビデオファイルをDVDに書き込むことができます。

メリット:

1. Windows Media PlayerはWindowsに標準で付属しており、追加のソフトウェアをインストールする必要がありません。

2. ユーザーフレンドリーなインターフェースを持ち、操作が簡単です。

3. Windowsオペレーティングシステムとの統合が高く、Windowsユーザーにとっては使いやすい環境が提供されます。

デメリット:

1. Windows Media Playerは基本的なDVD作成機能しか提供しておらず、高度な編集やカスタマイズができません。

2. 一部のバージョンでは対応しているビデオフォーマットが限られている場合があります。

3. Windows Media PlayerによるDVD作成は、他の専門的なDVD作成ソフトウェアと比べて再生品質が劣ることがあります。

Windows Media Player

よくある質問(FAQ)

質問 1. Windows 10にWindows DVDメーカーでDVDを作成できますか?

Windows DVDメーカーはWindows 7までサポートしていますが、Windows 8/10にアップグレード後、Windows DVDメーカーがサポートしていません。そのため、Windows 10でMP4をDVDに書き込むには、別途書き込みソフトを用意する必要があります。すでに搭載されているWindows DVDメーカーはまだ使えます。具体的には、Windows DVDメーカーの使い方までご確認しましょう。

質問 2. どうすれば無劣化でMP4をDVDに書き込めますか。

無劣化で動画をDVDに書き込むことが不可能です。しかし、もっと高い画質を求めるなら、ブルーレイに焼くことをお勧めします。上記の4Videosoft DVD 作成はMP4をブルーレイに焼くこともできます。

質問 3. MP4をチャプター付けのDVDに作成する方法は?

専門的なソフトを使用すれば、チャプター付けのDVDの作成が非常に簡単です。具体的な方法はDVDにチャプターを作成する方法までご参考ください。

質問 4. DVDに書き込むビデオ形式は?

一般的に、DVDに書き込むことができるビデオ形式は以下の通りです。MPEG-2:DVDの標準的なビデオフォーマットであり、ほとんどのDVDプレーヤーでサポートされています。AVI:一部のDVD作成ソフトウェアではAVI形式のビデオもサポートしていますが、再生可能なDVDプレーヤーによっては正常に再生されないことがあります。WMV:Windows Media Video形式はWindows Media PlayerによるDVD作成で一般的に使用されます。

質問 5. 上書きできるDVDは?

上書きできるDVDはDVD-RWやDVD+RWなどの再書き込み可能な形式です。これらのディスクはデータを消去して新しいデータを書き込むことができますが、DVD-RやDVD+Rなどの一度書き込んだら消去できない形式とは異なります。

まとめ

以上はMP4をDVDに焼くための方法や優れたソフトを挙げて紹介しました。中には、4Videosoft DVD 作成のような専門ソフトがあり、Windows Media PlayerでDVDを焼くような完全無料方法もあります。もちろん、他の使いやすいDVD書込みフリーソフトも幾つでもあり、例えばWindowsムービーメーカーで焼くこともできます。

上記の通り、完全無料で使えるソフトなら、DVD作成の効果性やソフトの性能、安全性及び利用可能な付属機能などの面ではプロのDVD作成ソフトには劣るのが事実ですよね。フリーソフトでDVDを作成する場合、DVD書き込めないことがあります。でも、無料かつ簡単で利用可能というのが確かにその大きな魅力的な点ですよね。どの方法もそれぞれの長所と短所があり、どちらが一番優れたかは断言できないので、今後は実際な需要に応じて自分に適した方法を採用しましょう。

伊藤 聖子

編集者: 伊藤 聖子  |  カテゴリ: DVD オーサリング

更新日: Mar 29, 2024

コメント確認、シェアしましょう!

超高速&簡単

DVD 作成 DVD オーサリング

高速度かつ高品質でDVDを作成できます

関連文章