初心者にも簡単 ブルーレイをDVDに変換する方法

ブルーレイの内容を多くの方に配布したい場合、会場で流したいムービーがあるけど、ブルーレイが対応していないなどの場合、ブルーレイをDVDに変換、コピーしたい状況はよくありますね。で、ブルーレイをDVDに変換したい時、どうしたら良いですか?このページでは初心者に対しても簡単な変換する方法を紹介します。

ブルーレイディスク(BD)、偶には、"Blu-ray"と呼ばれ、DVDの後継となる光ディスクです。HD ビデオ、PS3ビデオゲーム及び他のデータを格納するように利用され、単一当たり最大25GB、デュアル層ディスクあたり50 GBに達せます。ブルーレイディスクは標準DVD、CDと同じ物理フォーマットを持っています。

BDをDVDに変換

ブルーレイ映画を動画に変換

4Videosoft ブルーレイリッピングにより、Blu-rayディスクをMP4、AVI、MKV、MOV、WMVなどの動画形式、MP3、FLAC、AACなどの音声形式にリッピングして変換することができます。特に、BDを変換する前に、BD映像を編集したり、BD映像の特定なシーンを画像として保存したりすることができます。では、変換手順を見ましょう。

Step 1ソフトルをダウンロード

まずは、下記のダウンロードボタンからブルーレイリッピングを無料ダウンロード、PCにインストールしてください。登録すれば、より制限なしでソフトを利用できます。

Step 2ディスクをロード

次、ブルーレイドライブをPCに接続して、ブルーレイディスクを挿入してください。そして、ディスクをロードするボタンをクリックして、ソースブルーレイをロードできます。

ブルーレイファイルを追加
Step 3出力形式を選択

そして、プロフィールドロップダウンリストのHD ビデオからあるHD ビデオフォーマットを選択してください。DVDに焼くには、HD H.264/MPEG-4 AVC ビデオ (*.mp4)を推薦します。他のHD形式でも大丈夫ですが、ブルーレイディスクと比べれば、DVDディスクの容量は小さいですので、適当なビデオファイルを取得するために、ビデオパラメータを設定した方がいいです。具体的に、設定ボタンをクリックして、プロフィール設定ウィンドウでは、ビデオビットレートを8000kbpsに設定してください。これで、サイズをコントロールする同時に、ファイルの品質を保証できます。

出力形式を選択
Step 4動画形式の変換

設定が終わったら、変換ボタンをクリックして、ブルーレイを変換することができます。

動画形式の変換

ブルーレイ映像をDVDに焼く

4Videosoft DVD 作成は専門的なDVD 作成ソフトとして、気軽にブルーレイ映像をDVDに書き込めます。また、このソフトでビデオ効果の調整、ビデオのカット、クロップ、字幕とオーディオの挿入、チャプターの分割と結合など基本的な動画編集機能もついています。また、多様なメニューテンプレート、フレームとボタンを提供されているので、ユーザーは必要に応じて、お好きなメニューなどを選択して、個性的なDVDメニューを作成できます。

Step 1ソフトルをダウンロード

まず、下記のダウンロードボタンをクリックして、4videosoft DVD 作成をダウンロードしてインストールしてください。Windows版とMac版両方もあります。ちなみに、現在のソフトはWindows 11のパソコンで使用できます。

Step 2動画をロード

次、インストールしたDVD 作成を起動して、メインインタフェースの「メディアファイルを追加」をクリックして、ブルーレイ映像を追加できます。そして、右側にある「強力ツール」ボタンをクリックすれば、ビデオツールとチャプターツールを使用できます。ユーザーの応じて、簡単に動画を編集できます。

ビデオをソフトにロード
Step 3DVDメニューを作成

そして、それから、「次へ」をクリックすると、DVDメニューの作成画面に入ります。この画面で家庭や行事、旅行、結婚など多くのメニューテンプレートからお好きなものを選択したり、背景画像と背景音楽を選択したりすることで、自分なりのDVDメニューを作成できます。

DVDメニューを作成
Step 4DVDの作成

最後に、「次へ」ボタンをクリックして、保存先の選択、焼く設定と再生モードを選択できます。設定完了してから、「開始」ボタンを押すと、ブルーレイ映像をDVDに作成できます。

DVDの作成

ブルーレイディスクとDVDディスクの違い

簡単に言えば、DVDは赤色レーザーを使用することと対照すると、ブルーレイディスクは青紫色半導体レーザーを使用しています。他に、ブルーレイディスクは「片面一層の容量が25GB、片面二層の容量が50GB」で、DVDディスクは「片面一層の容量が4.7GB、片面二層の容量が8.5GB」なので、DVDディスクよりブルーレイディスクはより多くのデータを格納できます。

ブルーレイディスクは美しいですが、ブルーレイプレーヤーが必要です。ブルーレイプレーヤーを持たない友達とブルーレイ映像を共有したい時、或いはDVDを利用していたのに、優れるブルーレイ映像を推薦された時に、どうしたら良いですか。いい解決案がなければ、素敵なブルーレイ映像を鑑賞することを諦めるしかないですね。

実に、そういう場合に、ブルーレイ DVD 変換ソフトを使えば便利ですけど、市場では、そんなソフトはなかないないので、ブルーレイ リッピング及びDVD 作成の結合体を使えば、DVDディスクでブルーレイを再生することが簡単です。まずは、ブルーレイディスクからブルーレイ映像を変換する必要があります。次、DVD作成を利用して変換した動画をDVDディスク/DVDフォルダ/DVD IOS ファイルに書き込めば結構です。

ヒント:ブルーレイディスクとDVDディスクの記憶容量に既存する区別のために、ブルーレイをDVDにコピーする時に、圧縮比率を変更することは必要です。質の損失を最小化することを保証できます。

ブルーレイを挿入してから、マイ コンピューターのディスク構造からBDMV或いはBDAVを確認できます。

ブルーレイ DVD 変換に関するFAQ

質問 1:ブルーレイをDVDに変換することには、何かメリットがありますか?

答え 1:メリットはほぼ三つがあります。1、DVDプレーヤーしか持ってない場合でも再生できます。2、ブルーレイのバックアップが安くなります。DVDのほうが安いから。3、ポータブルDVDプレーヤーで再生する場合、DVDの画質も充分です。

質問 2:ブルーレイをDVDに変換するときに、何か注意すべきことがありますか?

答え 2:ブルーレイをDVDにコピーする時に、圧縮比率を変更することは必要です。質の損失を最小化することを保証できます。ディスク構造からBDMV或いはBDAVを確認できます。

質問 3:一つのソフトでブルーレイをDVDに変換できるソフトがありますか?

答え 3:一つのソフトでブルーレイをDVDに変換できるソフトありますが、ほとんど有料ソフトです。例えば、DVDFab社の「ブルーレイ DVD 変換」とか、Leawo社の「Leawo Blu-rayコピー」なのです。

結論

以上で、ブルーレイをDVDディスクで再生することが出来上がりました。特に、ブルーレイをDVDに変換する方法はそんなに難しいことではないでしょうね。今後、必要でしたら、体験してみてください。また、スマホでいつでもどこでも好きなブルーレイを再生したいなら、ブルーレイ iPhone 変換までご参考ください。

kommentarコメント確認、シェアしましょう!
DVD 作成

DVD 作成

MP4、AVCHD、MPEG、MOV、AVI、WMVなどの動画をDVD/ISOに作成でき、自分なりのDVDメニューも作成できます。

無料体験 無料体験

推薦文章

ブルーレイディスク パソコン 取り込み

ブルーレイディスクをパソコンに取り込み方法
この文章では、ブルーレイをパソコンに取り込み、保存する方法をご紹介いたしましょう。

GoPro動画をDVDに書き込み、焼く方法

GoPro動画をDVDに書き込み、焼く方法
本文では、GoPro動画をDVDに書き込み、焼く方法をご紹介いたしますので、必要なら、ご参考ください。

PV DVD 焼く

PV動画をDVDに書き込み、焼く方法
PV動画をDVDに焼くには、何かいい方法がありますか?本文では、初心者でもできるPV動画をDVDに書き込む方法をご紹介しましょう。

BDAV MP4 変換

BDAVをMP4などの動画形式に変換する方法
本文は、BDAVをリッピングして、MP4、AVIなどの形式に変換する方法を皆さんにご紹介いたしたいです。必要なら、ご参考ください。